プロフィール

フォトアルバム

SEIRIN㈱ 鍼水りん

鍼灸の良さをみんなに知ってもらいたくてセイリンに入社したよ!好きなことは鍛えることと食べること☆なんでも楽しむのが好き!自分で言うのもなんだけど笑顔が自慢かな(笑)失敗することもあるけど、持ち前の明るさでがんばるもんでよろしくね♪

その他アカウント

2019年4月19日 (金)

鍼灸師×介護業界セミナー

 日程  2019年04月14日(日)
 時間  10:00~15:00
 会場

 PARM CITY131 貸会議室4G

 〒980-0811 宮城県仙台市青葉区 一番町3−1−16

 参加費  一般:4,000円  
 対象  鍼灸師、鍼灸学生
 定員  50
 講師

 佐藤 司 先生 / NPO介護予防研究会理事長、くるみ鍼灸整骨院院長

 中川 裕章 先生 / NPO介護予防研究会理事、中川接骨院院長

pencilセミナー内容

介護予防の現状を学び、地域密着型の鍼灸治療院を目指したい方向けのセミナーです。

●第一部 介護業界の現状2019

●第二部 鍼灸を活かし介護業界で活躍するためには

●第三部 シンポジウム(意見交換)

memo詳細のご案内リーフレット

mailtoお申し込みは、メールまたはFAXにてお受付致します。

pencil開催後のレポート


●セイリン担当者 仙台営業所所員より

NPO法人介護予防研究会の共催、(一社)宮城県鍼灸マッサージ師会

(公社)宮城県鍼灸師会の後援協力を得て「鍼灸師×介護業界セミナー」を

開催致しました。

Photoシンポジウムが始まりましたconfident

第一部では介護業界の現状をお話し頂き、全国の介護施設の状況や

介護保険制度について、将来的に予想される介護予防の必要性について

詳しくお話し頂きました。

2018年に新しく始まった新総合事業は今後在宅介護の主流になる可能性が高く、

鍼灸師はその準備をしなければならないとお話しがあり、

その為に機能訓練指導員の資格をどう使うのか、出口戦略までお話し頂きました。

既にNPO法人介護予防研究会では緩和型の通所サービスなど

実施される会員様もおられます。

シンポジウムでは宮城県県議会議員、仙台市市議会議員、

赤門鍼灸柔整専門学校専任教員、赤門短期大学看護学部の教授、

医療法人事務長様にご登壇いただきました。

鍼灸師への期待は大きく、鍼灸師は痛みをケアするスペシャリストとして

医療との連携を図り、医療介護業界に貢献できる非常に大事な役割を担っていると

お話し頂きました。

治療院が高齢者の「通いの場となる」日は近いのではないかと思います。

Photo_2介護保険制度と総合事業について学んでいますshine

●講師:佐藤 司 先生より

今回初めて、仙台にて「新しい鍼灸×介護業界セミナー~鍼灸師が活躍する

多様な働き方のご提案~」を行いました。

多くの参加者が熱心に聴いて下さり、身の引き締まる思いでした。

反省点として、初めての講義内容であるため、内容が多岐にわたり。

すこし早口で聞き取れづらかったかもしれません。

これらを踏まえ、次回、理事の拠点である京都や愛知、

北九州で行えることを願っています。セイリン様の細かな心使いに感謝します。

Photo_3宮城県マッサージ師会会長の山田幹夫先生が議員の先生方へ意見を伝えていますhappy01


●参加された受講者のみなさまより

・機能訓練指導員について重要なお話しを聞く事ができました。

ありがとうございます。(男性K.N)

・知り合いの柔道整復師の先生も介護系の事業を始めようとしていて、

その理由がわかりました。療養費でやっているマッサージ師も、

介護系の関わりがあるとメリットがあると感じました。(男性T.M)

・今後の鍼灸院経営をどう展開していくか、選択肢の1つとして介護への分野が

必要であるとあらためて認識させられました。

大変わかりやすく参考になりました。(男性Y.S)

アクセスランキング