プロフィール

フォトアルバム

SEIRIN㈱ 鍼水りん

鍼灸の良さをみんなに知ってもらいたくてセイリンに入社したよ!好きなことは鍛えることと食べること☆なんでも楽しむのが好き!自分で言うのもなんだけど笑顔が自慢かな(笑)失敗することもあるけど、持ち前の明るさでがんばるもんでよろしくね♪

その他アカウント

« 3/24スポーツ疾患に対するアプローチ~多角的な目線からの識別~ | メイン | 上田式美容鍼灸®基礎講座 »

2019年3月27日 (水)

疼痛に対する鍼通電

 日程

 2019年02月11日(月祝)13:00~17:00

 2019年03月09日(土) 13:00~17:00

 2019年03月24日(日) 12:00~16:00

 会場

 ①学び~ずセミナールーム

 〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南2-10-22 ORE名駅南ビル7F

 森ノ宮医療大学

 〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北1丁目26−16

 ③博多駅前会議室

 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前1丁目11-27峰ビル4階

 参加費  10,000円 
 定員  ※各会場により異なりますのでお問い合わせください。
 講師  伊藤 和憲 先生 / 明治国際医療大学付属鍼灸センター長

pencilセミナー内容

線維筋痛症や筋筋膜疼症候群の題材に講演をおこないます。

痛みのと鍼通電の原理を説明し、鍼灸治療においての鍼通電の活用法を、

実技を交え説明します。

痛みの原理を知りたい方、鍼通電での治療の幅を広げたい、また効果を高めたいと

思っている方はぜひご参加ください。

memo詳細のご案内リーフレット

mailtoお申し込みは、メールまたはFAXにてお受付致します。

pencil開催後のレポート

▼2/11(月祝)名古屋開催


●セイリン担当者 名古屋営業所所員より

今回のセミナーは痛み・通電について理解を深めると共に、

ピコリナの使用用途を学ぶ為に開催を致しました。

講師にはメディア出演経験もある、明治国際医療大学より伊藤和憲先生を

お招き致しました。

そもそも痛みとは?急性・慢性の痛みの違いとは?基礎部分を中心に

参加者へ分かりやすく丁寧にお伝え頂きました。三角波を用いた通電方法を含め、

今までのパルスでは出来なかった事をピコリナでは再現できるとのお言葉を頂きました。

パルス幅の変化による、あたりの感じ方の違いも体感して頂きました。

県外からも多くのご参加を頂いた今回のセミナーですが、

皆様のアンケート結果を基に1dayセミナーや弊社もご協力させて頂いております、

養生セミナーを含め開催を検討致します。

ご参加された皆様、講師の伊藤先生に心より御礼申し上げます。

20190211たくさんの方にお越しいただきましたhappy02みなさん本当に楽しみにされていたようで嬉しいshine

●講師:伊藤 和憲 先生より

本日のセミナーは痛みと鍼通電についてお話ししました。

痛みに対する考え方は、昔とは異なり大きく変わっております。

痛みのレベル(末梢・脊髄・脳)に応じて鍼治療の治療法を変えることが必要です。

また、特に鍼で脳を賦活させるには鍼通電による刺激が効果的であり、

周波数だけでなく、パルス幅や波形などを変えていくことが様々な応用が可能です。

参加者の方々はパルスの幅や波形などを変えることを初めて経験し、

その違いを体験して頂けたと思います。

20190211_2

220190211先生によるデモンストレーションを見ていただきます!「痛み」にもいろいろありますね~think


●参加された受講者のみなさまより

とても勉強になりました。第2回・3回を希望致します。(男性 T・Y)

痛みのメカニズムや反応する部位などの際認識が出来た。(男性 T・M)

通電と脳の関係など、とても勉強になりました。臨床で役立てたいです。(女性 S・H)


伊藤 和憲先生、受講いただきましたみなさま、誠にありがとうございました!

来月も開催を予定しておりますよーheart01次回のご参加をお待ちしておりますっhappy02

▼3/9(土)大阪開催


●セイリン担当者 大阪営業所所員より

明治国際医療大学教授である伊藤和憲先生に「疼痛に対する鍼通電」と題し

御講演頂きました。

福岡、大阪、名古屋での全3回講演での第2回目の講演で、

遠くは北海道からご参加下さった方もおられ、注目度の高さが伺われました。

内容としては、名古屋会場に引き続き、痛みの定義・痛みの分類など基礎から

鍼通電を科学的に解説し分かりやすく丁寧にお伝え頂きました。

ピコリナを活用した実技では「今までの機器では出来なかった治療法を

ピコリナでは出来る」とのお言葉を頂き、参加者の皆様にも体験頂きました。

参加された方からは、今まで明確な理論無く行っていた鍼通電の生理学的な作用や

理論が分かり非常に勉強になったとの声を頂きました。

今後もご参加された皆様のご意見を聞きながら、セミナーを企画・開催致します。

今回、ご参加頂きました皆様、また講師を務めて下さいました

伊藤和憲先生に心より御礼申し上げます。

Photo

Photo_2遥々遠くからのご参加もいただき本当にありがとうございますっlovely

●講師:伊藤 和憲 先生より

名古屋開催に引き続き、痛みと鍼通電についてのお話しでした。

痛みに対する考え方は、昔とは異なり大きく変わっております。

痛みのレベル(末梢・脊髄・脳)に応じて鍼治療の治療法を変えることが必要です。

また、特に鍼で脳を賦活させるには鍼通電による刺激が効果的であり、

周波数だけでなく、パルス幅や波形などを変えていくことが様々な応用が可能です。

参加者の方々はパルスの幅や波形などを変えることを初めて経験し、

その違いを体験して頂けたと思います。

皆様の今後の臨床のお役に立てれば幸いです。

Photo_3

Photo_4その場ですぐに実践することでより明確に教えを落とし込むことができますshine

みんなで意見を出し合いながら進めていきますconfident


●参加された受講者のみなさまより

(女性E・M)非常にレベルと密度が高く、満足以上の充実感を感じました。

(女性M・M)痛みの原理からピコリナの実際の活用法、

 養生に至るまでどれも興味深く聞かせて頂きました。

 貴重な内容で大変勉強になりました。

(男性R・S)大変貴重な講演をありがとうございました。

 本日の内容を元に患者様、患者様の痛みに向き合って行きたいと思います。

 ありがとうございました。


伊藤 和憲先生、受講いただきましたみなさま、誠にありがとうございました!

今回も大いに盛り上がった様子でしたね!

さていよいよ次回で最後ですbearing

どうぞお楽しみにheart04

3/24(日)福岡開催

●セイリン担当者 福岡営業所所員より

今回は受講者様が多く、当初押さえていた会場では入りきれなくなった為、

会場の変更を致しました。

講師の伊藤先生ならびに受講者の皆様、ご協力感謝申し上げます。

内容的に受講者様からの満足度は非常に高く、

復習の為にまた開催してほしいとのお声も多く、

伊藤先生と整合を取って開催したいと考えております。

痛みの機序の説明から、実技まで行っていただき、

理解が進んだ先生方が多かった様に思います。

その反面、内容的に難しく感じる方もいらっしゃいました。

1回の受講で理解できる様な簡単なものではなかったので、

受講者の方々には復習の為に伊藤先生の著書での復習や再受講をおススメ致します。

伊藤先生のお人柄なのか、終始にぎやかなセミナーとなりました。

これまでセミナーを何度も開催してきましたが、

勉強熱心な先生が多いなと再認識させてくれるとても有意義なセミナーでした。

●講師:伊藤 和憲 先生より

名古屋・大阪開催に引き続き、痛みと鍼通電についてのお話しでした。

痛みに対する考え方は、昔とは異なり大きく変わっております。

痛みのレベル(末梢・脊髄・脳)に応じて鍼治療の治療法を変えることが必要です。

また、特に鍼で脳を賦活させるには鍼通電による刺激が効果的であり、

周波数だけでなく、パルス幅や波形などを変えていくことが様々な応用が可能です。

参加者の方々はパルスの幅や波形などを変えることを初めて経験し、

その違いを体験して頂けたと思います。

皆様の今後の臨床にお役に立てれば幸いです。

Photo座学中の様子を写した1枚camera熱心に聞き入る先生方のお姿に関心度が伝わります!

●参加された受講者のみなさまより

・大変素晴らしい講演内容で感銘を受けました。

 伊藤先生は大変熱心に研究されていて、これからの時代に合った治療養生が

 必要だと感じました。今後も機会があればぜひセミナー等に

 参加させていただきたいと思います。(J・I)

・とても勉強になりました。治療の幅が広まります。

 鍼通電(筑波系)の考えがバージョンアップしました。

 自分でも講義で認知行動療法を扱うのでとても感銘しました。(K・T)

・今まで何となくやっていた痛みの治療を深く知ることが出来良かったです。

 またあれば参加したいです!(Y・M)

Photo_2

Photo_3痛みのレベルに合わせて治療を変えていく。鍼灸の必要性の奥深さを知りましたbearing

伊藤 和憲先生、受講いただきましたみなさま、誠にありがとうございました!

これで全3回が終了となりますshine

たくさんの参加者さまから「またお願いします」、「ぜひ開催してください」

とお声をいただきました。

残念ながら今回参加できなかった先生方のためにも、また次回の企画が

できるよう最善を尽くしたいと思いますので、

どうぞよろしくお願いいたしますhappy01

アクセスランキング