プロフィール

フォトアルバム

SEIRIN㈱ 鍼水りん

鍼灸の良さをみんなに知ってもらいたくてセイリンに入社したよ!好きなことは鍛えることと食べること☆なんでも楽しむのが好き!自分で言うのもなんだけど笑顔が自慢かな(笑)失敗することもあるけど、持ち前の明るさでがんばるもんでよろしくね♪

その他アカウント

セミナー Feed

2019年3月29日 (金)

上田式美容鍼灸®基礎講座

 日程

 ■上田式美容鍼灸®基礎講座(1日)

  2019年05月12日(日)17:30~20:30

  2019年06月09日(日)17:30~20:30

 ■3日間集中!認定美容鍼灸師養成講座

  2019年07月14日(土) 11:00~20:00

  2019年07月15日(日) 10:00~19:00

  2019年07月16日(月) 10:00~18:30

 会場

 哲学堂鍼灸院

 〒165-0024 東京都中野区松が丘2-3-5-102

 TEL:03-5942-9081

 http://resast.jp/events/334787

 参加費

 ■基礎講座受講料 5,000円(税別) 学生2,500円(税別)

 ■3日間集中養成講座受講料 219,800円(税別) 学生199,800円(税別)

 ※こちらは別途材料費として10,000円(税別)、

 認定登録料10,000円(税別)がかかります。

 対象  鍼灸師または鍼灸師学生
 定員  6名
 講師

 JFACe認定講師 井上 堅介 先生 / 哲学堂鍼灸院院長

pencilセミナー内容

最も歴史があり、世界に認められた認定美容鍼灸師養成講座。

10年間で50回以上開催され、延べ350人以上の認定者を養成してきた講座を

中野の鍼灸院で受けられます。

東京の中野で実際に活躍し、創始者の上田先生から指導許可を取得し、

JFACe関東支部長を務め、協会認定講師でもある井上堅介先生が技術、

集客、カウンセリングを含めてすべて直接教えます。

・何故、高単価で、圧倒的なリピート率を地方でも上げることが出来るのか?

・何故、顔に打つ鍼の数が、少なくても、ビフォーアフターの結果がしっかりと出るのか?

・世界的に見た、美容鍼灸事情とはどうなっているのか?

・何故、顔だけの美容鍼はダメなのか?

といった内容伝える講座となっております。

memo詳細のご案内リーフレット

2019年3月27日 (水)

疼痛に対する鍼通電

 日程

 2019年02月11日(月祝)13:00~17:00

 2019年03月09日(土) 13:00~17:00

 2019年03月24日(日) 12:00~16:00

 会場

 ①学び~ずセミナールーム

 〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南2-10-22 ORE名駅南ビル7F

 森ノ宮医療大学

 〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北1丁目26−16

 ③博多駅前会議室

 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前1丁目11-27峰ビル4階

 参加費  10,000円 
 定員  ※各会場により異なりますのでお問い合わせください。
 講師  伊藤 和憲 先生 / 明治国際医療大学付属鍼灸センター長

pencilセミナー内容

線維筋痛症や筋筋膜疼症候群の題材に講演をおこないます。

痛みのと鍼通電の原理を説明し、鍼灸治療においての鍼通電の活用法を、

実技を交え説明します。

痛みの原理を知りたい方、鍼通電での治療の幅を広げたい、また効果を高めたいと

思っている方はぜひご参加ください。

memo詳細のご案内リーフレット

mailtoお申し込みは、メールまたはFAXにてお受付致します。

pencil開催後のレポート

▼2/11(月祝)名古屋開催


●セイリン担当者 名古屋営業所所員より

今回のセミナーは痛み・通電について理解を深めると共に、

ピコリナの使用用途を学ぶ為に開催を致しました。

講師にはメディア出演経験もある、明治国際医療大学より伊藤和憲先生を

お招き致しました。

そもそも痛みとは?急性・慢性の痛みの違いとは?基礎部分を中心に

参加者へ分かりやすく丁寧にお伝え頂きました。三角波を用いた通電方法を含め、

今までのパルスでは出来なかった事をピコリナでは再現できるとのお言葉を頂きました。

パルス幅の変化による、あたりの感じ方の違いも体感して頂きました。

県外からも多くのご参加を頂いた今回のセミナーですが、

皆様のアンケート結果を基に1dayセミナーや弊社もご協力させて頂いております、

養生セミナーを含め開催を検討致します。

ご参加された皆様、講師の伊藤先生に心より御礼申し上げます。

20190211たくさんの方にお越しいただきましたhappy02みなさん本当に楽しみにされていたようで嬉しいshine

●講師:伊藤 和憲 先生より

本日のセミナーは痛みと鍼通電についてお話ししました。

痛みに対する考え方は、昔とは異なり大きく変わっております。

痛みのレベル(末梢・脊髄・脳)に応じて鍼治療の治療法を変えることが必要です。

また、特に鍼で脳を賦活させるには鍼通電による刺激が効果的であり、

周波数だけでなく、パルス幅や波形などを変えていくことが様々な応用が可能です。

参加者の方々はパルスの幅や波形などを変えることを初めて経験し、

その違いを体験して頂けたと思います。

20190211_2

220190211先生によるデモンストレーションを見ていただきます!「痛み」にもいろいろありますね~think


●参加された受講者のみなさまより

とても勉強になりました。第2回・3回を希望致します。(男性 T・Y)

痛みのメカニズムや反応する部位などの際認識が出来た。(男性 T・M)

通電と脳の関係など、とても勉強になりました。臨床で役立てたいです。(女性 S・H)


伊藤 和憲先生、受講いただきましたみなさま、誠にありがとうございました!

来月も開催を予定しておりますよーheart01次回のご参加をお待ちしておりますっhappy02

▼3/9(土)大阪開催


●セイリン担当者 大阪営業所所員より

明治国際医療大学教授である伊藤和憲先生に「疼痛に対する鍼通電」と題し

御講演頂きました。

福岡、大阪、名古屋での全3回講演での第2回目の講演で、

遠くは北海道からご参加下さった方もおられ、注目度の高さが伺われました。

内容としては、名古屋会場に引き続き、痛みの定義・痛みの分類など基礎から

鍼通電を科学的に解説し分かりやすく丁寧にお伝え頂きました。

ピコリナを活用した実技では「今までの機器では出来なかった治療法を

ピコリナでは出来る」とのお言葉を頂き、参加者の皆様にも体験頂きました。

参加された方からは、今まで明確な理論無く行っていた鍼通電の生理学的な作用や

理論が分かり非常に勉強になったとの声を頂きました。

今後もご参加された皆様のご意見を聞きながら、セミナーを企画・開催致します。

今回、ご参加頂きました皆様、また講師を務めて下さいました

伊藤和憲先生に心より御礼申し上げます。

Photo

Photo_2遥々遠くからのご参加もいただき本当にありがとうございますっlovely

●講師:伊藤 和憲 先生より

名古屋開催に引き続き、痛みと鍼通電についてのお話しでした。

痛みに対する考え方は、昔とは異なり大きく変わっております。

痛みのレベル(末梢・脊髄・脳)に応じて鍼治療の治療法を変えることが必要です。

また、特に鍼で脳を賦活させるには鍼通電による刺激が効果的であり、

周波数だけでなく、パルス幅や波形などを変えていくことが様々な応用が可能です。

参加者の方々はパルスの幅や波形などを変えることを初めて経験し、

その違いを体験して頂けたと思います。

皆様の今後の臨床のお役に立てれば幸いです。

Photo_3

Photo_4その場ですぐに実践することでより明確に教えを落とし込むことができますshine

みんなで意見を出し合いながら進めていきますconfident


●参加された受講者のみなさまより

(女性E・M)非常にレベルと密度が高く、満足以上の充実感を感じました。

(女性M・M)痛みの原理からピコリナの実際の活用法、

 養生に至るまでどれも興味深く聞かせて頂きました。

 貴重な内容で大変勉強になりました。

(男性R・S)大変貴重な講演をありがとうございました。

 本日の内容を元に患者様、患者様の痛みに向き合って行きたいと思います。

 ありがとうございました。


伊藤 和憲先生、受講いただきましたみなさま、誠にありがとうございました!

今回も大いに盛り上がった様子でしたね!

さていよいよ次回で最後ですbearing

どうぞお楽しみにheart04

3/24(日)福岡開催

●セイリン担当者 福岡営業所所員より

今回は受講者様が多く、当初押さえていた会場では入りきれなくなった為、

会場の変更を致しました。

講師の伊藤先生ならびに受講者の皆様、ご協力感謝申し上げます。

内容的に受講者様からの満足度は非常に高く、

復習の為にまた開催してほしいとのお声も多く、

伊藤先生と整合を取って開催したいと考えております。

痛みの機序の説明から、実技まで行っていただき、

理解が進んだ先生方が多かった様に思います。

その反面、内容的に難しく感じる方もいらっしゃいました。

1回の受講で理解できる様な簡単なものではなかったので、

受講者の方々には復習の為に伊藤先生の著書での復習や再受講をおススメ致します。

伊藤先生のお人柄なのか、終始にぎやかなセミナーとなりました。

これまでセミナーを何度も開催してきましたが、

勉強熱心な先生が多いなと再認識させてくれるとても有意義なセミナーでした。

●講師:伊藤 和憲 先生より

名古屋・大阪開催に引き続き、痛みと鍼通電についてのお話しでした。

痛みに対する考え方は、昔とは異なり大きく変わっております。

痛みのレベル(末梢・脊髄・脳)に応じて鍼治療の治療法を変えることが必要です。

また、特に鍼で脳を賦活させるには鍼通電による刺激が効果的であり、

周波数だけでなく、パルス幅や波形などを変えていくことが様々な応用が可能です。

参加者の方々はパルスの幅や波形などを変えることを初めて経験し、

その違いを体験して頂けたと思います。

皆様の今後の臨床にお役に立てれば幸いです。

Photo座学中の様子を写した1枚camera熱心に聞き入る先生方のお姿に関心度が伝わります!

●参加された受講者のみなさまより

・大変素晴らしい講演内容で感銘を受けました。

 伊藤先生は大変熱心に研究されていて、これからの時代に合った治療養生が

 必要だと感じました。今後も機会があればぜひセミナー等に

 参加させていただきたいと思います。(J・I)

・とても勉強になりました。治療の幅が広まります。

 鍼通電(筑波系)の考えがバージョンアップしました。

 自分でも講義で認知行動療法を扱うのでとても感銘しました。(K・T)

・今まで何となくやっていた痛みの治療を深く知ることが出来良かったです。

 またあれば参加したいです!(Y・M)

Photo_2

Photo_3痛みのレベルに合わせて治療を変えていく。鍼灸の必要性の奥深さを知りましたbearing

伊藤 和憲先生、受講いただきましたみなさま、誠にありがとうございました!

これで全3回が終了となりますshine

たくさんの参加者さまから「またお願いします」、「ぜひ開催してください」

とお声をいただきました。

残念ながら今回参加できなかった先生方のためにも、また次回の企画が

できるよう最善を尽くしたいと思いますので、

どうぞよろしくお願いいたしますhappy01

2019年3月26日 (火)

スポーツ疾患に対するアプローチ~多角的な目線からの識別~

 日程  2019年03月24日(日)
 時間  10:00~16:00
 会場

 PARM CITY131 貸会議室5A

 〒980-0811 宮城県仙台市青葉区 一番町3−1−16

 参加費  一般:9,000円 鍼灸学生4,500円 ※ピコリナ購入者は2,000円引き
 対象  鍼灸師、医師のみ
 定員  28
 講師  金野 次郎 先生 / きんの鍼灸院院長、日本体育協会公認AT

pencilセミナー内容

今回のセミナーでは鍼灸師と理学療法士の資格を持ち、プロのスポーツ現場で

ご活躍されてきた金野次郎先生をお招きし、スポーツ疾患に関する内容です。

下肢の打撲、手首・足首のねん挫、筋膜治療、足底筋膜炎、シンスプリント、膝蓋靭帯炎の

解説他、プロ野球とJリーグの現場で活躍された実体験、鍼灸師の役割についても

お話しいただきます。

座学、デモンストレーション、実技の順でおこない、疾患毎にその都度質問いただき、

解決していきます。

実技は2人1組でおこないます。またデモンストレーションにて、鍼通電の内容もおこないます。

memo詳細のご案内リーフレット

mailtoお申し込みは、メールまたはFAXにてお受付致します。

pencil開催後のレポート

●セイリン担当者仙台営業所所員よりshine

今回のセミナーは、きんの鍼灸院 院長の金野治郎先生をお招きし、

「スポーツ疾患に対するアプローチ~多角的な目線からの識別~」セミナーを

開催させて頂きました。

セミナーのタイトルの通り、膝蓋靭帯炎、シンスプリント等の各スポーツ疾患を、

識別からデモンストレーションを交えて丁寧に伝えて頂きました。

座学では動作分析や解剖の重要性についてのお話しが印象的でした。

実技では鍼を嫌がる選手が多い中、どのように手技でアプローチして

痛みを緩和させるか、手技での治療も多く大変勉強になりました。

鍼や物療機器もどの場面でどのように選手に使用するか、

大変わかりやすくご講義頂きました。

Photoタイトルの通り、多角的な見方、診方を学んでいきますrock

●講師:金野 治郎 先生より

鍼灸師向けのセミナーは初めてでしたが、以前セミナーに参加して頂いた

顔見知りの方もいらっしゃいましたので、気持ち的に楽にする事が出来ました。

時間とともに参加者の方とも打ち解けてきたので、雰囲気も良く、

進めることが出来ました。自分が鍼灸師の時に感じていた事、

反省点をお伝えすることが出来たかと思います。

少しでも今後の臨床で活用して頂ければ幸いです。

Photo_2実技の様子ですeye2人1組になり学んだことを即実践!

Photo_3鍼灸以外にも手技でのアプローチを学びますhappy01

●参加された受講者のみなさまよりshine

(女性 R・Sさん)

スポーツ選手の治療でどうにか効果を早く出して復帰させてあげたいと思い、

私の知識不足もあり、なかなか痛みが取れず悩んでいました。

自分も同じ症状であったりして、色々試していた所でした。

今日、その原因など、プロに聞けたのは本当に良かったです。

(男性 J・Yさん)

今回は触診をどのように行い、どういう視点から見てアプローチするのか

ということを教えて頂いたので、学生の私からはとても分かり易かったです。

(女性 M・Tさん)

遠方の為、参加するか迷いましたが、興味深い内容だったので申し込みました。

実際来て、とても充実した内容で参加して良かったです。

金野治郎先生、受講いただきましたみなさま、誠にありがとうございましたhappy02sign01

ご興味のある先生方、ぜひ次回のご参加をお待ちしておりますっshine

2019年3月19日 (火)

婦人科疾患に対する鍼灸

 日程  2019年06月02日(日)
 時間  13:00~17:00
 会場

 東京医療福祉専門学校

 〒104-0032 東京都中央区八丁堀1丁目11-11

 参加費  8,000円 
 対象  鍼灸師、鍼灸学生 ※実技の際、学生は見学と竹村先生の鍼を受けるのみ
 定員  先着30
 講師  竹村 文近 先生 / 竹村鍼灸院

pencilセミナー内容

はり100本の基本・診断方法(取穴部位診・三焦の脉診・触診・置鍼・立ち振る舞い)

のご紹介をいたします。

竹村先生が普段施す婦人科疾患に対する施術を披露し、受講者同士の実技実習を

おこないます。

memo詳細のご案内リーフレット

mailtoお申し込みは、メールまたはFAXにてお受付致します。

2019年3月18日 (月)

歯科鍼灸“美顎鍼”VSスポーツ鍼灸セミナー

 日程  2019年03月17日(日)
 時間  10:00~16:00
 会場

 北海道鍼灸専門学校 3階講堂

 〒063-0002 北海道札幌市西区山の手2条6丁目5

 参加費  一般:10,000円 鍼灸学生5,000円 
 対象  鍼灸師、鍼灸学生 ※実技の際、学生は見学のみ
 定員  30
 講師  関根 陽平 先生 / みはる矯正・歯科医院院長

pencilセミナー内容

歯科領域におけるスポーツ鍼灸との関りを学ぶ。

[座学] 歯学領域(顎部)の知識も踏まえスポーツ疾患に対する治療法と病診連携に

必要な正しい知識について解説。

[実技] 知識を身につけた後は、実践的に活用できる技術を伝授。

※実技の際は、2~3名のグループワークでおこないます。

memo詳細のご案内リーフレット

mailtoお申し込みは、メールまたはFAXにてお受付致します。

pencil開催後のレポート

●セイリン担当者札幌出張所員よりshine

この度、北海道鍼灸専門学校様の実技室に於いて、

みはる矯正歯科医院院長 関根陽平先生を講師としてお招きし

『歯科鍼灸“美顎鍼”VSスポーツ鍼灸セミナー』を開催しました。

内容は、頭の前方変位が及ぼす顎関節症・咬合への影響について解説、

実習では下関と大迎の取穴をキーポイントに血海・足三里・太衝・天突・廉泉・承獎の

取穴についてのデモ、受講生同士で実技を行い、

実際に鍼電極低周波治療器セイリンpicorinaやセラミック電気温灸器も使用しながら

一人一人に実技、体験いただけました。

今回のセミナーは、医療との連携という内容だったこともあり、

受講者の皆さまには大変興味深く実習も熱心に取り組んでいる様子が伺えました。

まだまだ奥の深い領域のため時間が足りないくらいでしたが、

鍼灸と歯科領域との連携の必要性を学んでいただけたのかと思います。

受講された皆さまからも盛況なご感想をいただき、無事セミナーを

終えることができました。

今回、受講者の中には道東、道南からもご参加いただき、

関根先生をはじめ受講者の皆さまには改めて感謝の念を申し上げます。

Photoさぁ始まりましたーhappy01歯科領域との連携の必要性を学びます!

Photo_2そしてデモンストレーションshineしっかりと見させていただきますよ~eye

Photo_3実習では個人体験もしていただきました!

Picorina鍼通電機器ピコリナもリアルに体感できますhappy02設定方法などのお悩みも解決!

●講師:関根 陽平 先生より

居眠りどころではなく、質問も多数出て実習も熱心にやってくれたので、

かなり充実したものとなりました。

●参加された受講者のみなさまよりshine

自分にとって新しいジャンルで今後の医療連携には必要と考えていたので

大変良かったです。(50代男性)

肩こり、腰痛などの原因が顎関節も関係していたとは思ってもみなかった。

鍼灸が色々な分野でも携わっているとは思わなかった。(30代女性)

西洋医学の分野と思っていた歯学・歯科と結びつくことに気づいた。

今までにない色々な分野とアレンジがあること、目先に入れる必要があることを

教えて頂きました。(30代女性)

関根 陽平先生、受講いただきましたみなさま、誠にありがとうございましたhappy02sign01

ご興味のある先生方、ぜひ次回のご参加をお待ちしておりますっshine

2019年3月 1日 (金)

鍼灸師が妊婦さんを診る前の安全講習会セミナー

定員満了のため受付を終了いたしました。またのご参加をお待ちしております。

 日程  2019年02月24日(日)
 時間  14:00~16:00
 会場

 セイリン株式会社 東京オフィスセミナールーム

 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-16-5 ヒューリック神田ビル 7階

 参加費  3,000円
 対象  鍼灸師、医療従事者、学生
 定員  50名
 講師  小井土 善彦 先生 / せりえ鍼灸室院長、森ノ宮医療大学非常勤講師

pencilセミナー内容

1. 妊婦の鍼灸は安全なのか?

2. 参加医療の現状、歴史、将来

3. 鍼灸の適応は?

4. 臨床の実際

5. 小井土先生への質問コーナー

memo詳細のご案内リーフレット

mailtoお申し込みは、メールまたはFAXにてお受付致します。

pencil開催後のレポート

●セイリン担当者東京営業所所員よりshine

今回は妊婦さんに対しての安全講習会ということで、

女性専門治療院「せりえ鍼灸室」院長の小井土先生をお招きし、

講習会を行いました。

「イラストと写真で学ぶ 逆子の鍼灸治療第2版」を手引きに、

実際のガイドラインの詳細や海外論文等の具体例をもとに解説をしていただきました。

妊婦期の正常からの逸脱を示す危険な兆候を見逃さないこと、

そして鍼灸の適応する場合を見極めていくことが大切であり、

そのためにはしっかり勉強し事前知識を身に着ける必要があると語られました。

薬の使用が憚られる妊産婦さんにとって、

鍼灸がもっと安全に広く利用される治療法として普及すればよいなと強く感じます。

ご参加された皆様、講師の小井土先生に心よりお礼申し上げます。

Photo_2定員を上回るお問い合わせをいただき、たくさんの方にお越しいただきましたhappy01

Photo_5分かりやすいイラストと写真で詳細にご教授いただきます!

Photo_4小井戸先生の熱量が伝わるセミナーでしたconfidentきっと皆さまにも伝わっているはずshine

●講師:小井土 善彦 先生より

2016年に開かれた「鍼灸師が妊婦さんを診る前の安全講習会セミナー」から、

2年が過ぎました。この間に、「イラストと写真で学ぶ逆子の鍼灸治療 第2版」の

出版に関わり、第66回(公社)全日本鍼灸学会学術大会東京大会のセミナーで

「妊婦に対する鍼灸治療の現状」のシンポジストとして、

つわりと腰痛を例に、妊娠前期における鍼灸治療の役割と可能性について

お話しをする機会がありました。

今回は、それらから得られた知見を元に、大きく内容を変更しました。

日本の鍼灸師は、教育の中で産科学を学ぶ機会がほとんど無く、産科領域の鍼灸は、

独自の努力で学習しているのが現状です。逆子のみならず、

薬の使用に制限がある妊娠期のマイナートラブルに対する治療法として、

非薬物療法である鍼灸は、海外でも注目されており、

我が国でもニーズが増えることが予想されます。

そのためには、医療連携が欠かせません。

産科学の知識は、鍼灸の適不適が判断できるだけでなく、

医師や助産師と良好な関係を築くためにも重要です。

母子手帳を活用すること、血圧を測ること、お腹を触診すること、

鍼や灸を手にする前に最低限やらなければならい事は、

皆さんにお伝えできたと思っています。

また、質疑応答では、具体的で切実な質問が多く寄せられました。

簡単にお応えできない内容も多く、一つ一つの事例に対し、

今後も皆さんと共に議論を重ねていく必要があると感じました。

これを機に、医療と連携しながら妊活、妊娠、出産、産後の育児期まで

継続した支援ができる鍼灸師が増えることを願っています。

●参加された受講者のみなさまよりshine

(女性K・I)

自身の個人的な相談にもお答えいただき、感謝いたします。ありがとうございました。

(男性H・M)

まだ学生ですが、これからしっかり勉強し臨床に臨みたいと思います。

(女性S・M)

本も買いましたが、ポイントをわかりやすく教えていただきとても参考になりました。

最後はみんなで集合写真cameranotes意見交換も盛り上がりました!

小井土 善彦先生、受講いただきましたみなさま、誠にありがとうございましたhappy02sign01

ご興味のある先生方、ぜひ次回のご参加をお待ちしておりますっshine

2019年2月21日 (木)

痛みの治療を学ぶセミナー

 日程  2019年01月26日(土)、27日(日)
 時間  26日(土)16:00~18:00、27日(日)9:00~15:00
 会場

 PARM CITY131 貸会議室4G

 〒980-0811 宮城県仙台市青葉区 一番町3−1−16-4F

 参加費  鍼灸師/10,000円 学生/3,000円
 対象  鍼灸師、医師(学生は実習時見学のみ)
 定員  各日30名
 講師  伊藤 和憲 先生 / 明治国際医療大学教授、附属鍼灸センター長

pencilセミナー内容

(第1部)

「健康で美しく、楽しく生きる」という前向きな考えが基本である養生は、健康の先に生きがいや、

幸せをイメージさせるものです。地域再生、医療再背を兼ね備えた養生は、受療率アップを

実現するための手段として応用できるものと思われます。

当セミナー「YOJYO」とは、養生を理解し、指導をおこなえる鍼灸師の育成と、

鍼灸を幅広く普及させていくことを目的として開催いたします。

今回は概要の説明を中心とした内容としていますので、皆様のご参加をお待ちしております。

(第2部)

今回のセミナーでは『痛み』に対しての鍼灸治療を解説します。

痛みとは何か、急性痛と慢性痛の違いなどいまさら聞けない基礎情報から、

痛みに対して有効な治療のメカニズムまで解説します。

問診、所見、検査を通して、原因と治療方針を導き出す7stepの手順を紹介。

これまで臨床経験からしか学ぶことができないとされてきた、「痛みの本当の原因」に

アプローチする診察、治療の流れを最新エビデンスを元に

解説と併せて鍼灸実技をおこないます。

 

memo詳細のご案内リーフレット

mailtoお申し込みは、メールまたはFAXにてお受付致します。

pencil開催後のレポート

●セイリン担当者仙台営業所所員よりshine

明治国際医療大学大学院研究科長・教授の伊藤和憲先生を仙台にお招きし、

痛みを学ぶ鍼灸セミナーを開催させて頂きました。今回は二部構成となっており、

第一部は、「YOJYO~健康で美しく、楽しく生きる~」、

第二部は、「最新エビデンスから紐解く痛み治療」でした。

第一部のYOJYO講座は、治療院でのYOJYO指導を中心とした内容かと

勝手ながら思っておりましたが、伊藤先生の考える養生場構想は治療院の

YOJYO指導も含めますが、遥かに壮大で日本の医療システムから脱却した

新しい考え方であり、その実際のご紹介でした。既に明治国際医療大学が始めており、

多くの連携先をお持ちです。

これからセルフコンディショニングのアプリ開発や認定セラピスト育成を進めたいとの

お話しもありました。資源の多い東北で実践できたら鍼灸師という職の認知が広がると

感じています。

第二部の「痛み」に対しての鍼灸治療では「痛みとはなにか?」という部分から、

鍼灸治療の最新の作用機序についてご解説頂き、デモンストレーションを行いました。

また弊社の鍼電極低周波治療器「picorina」を用いて、

「picorina」だから出来る治療、設定方法のご解説を頂きました。

慢性鎮痛には四肢の通電ではなく二肢でも十分効果があると研究でわかったとの

お話しもあり、あらためて多くの先生に伊藤先生の研究も含めてピコリナを

ご紹介したいと思うセミナーとなりました。

Photo_4痛みの専門家である伊藤先生の講義は説やっぱり得力がありますねっlovely

Photo_5養生場構想のご説明風景ですshine多くの先生にご参加いただきました!ありがとうございますheart04

●講師:伊藤 和憲 先生より

今回は、痛みの治療からそれに関係する養生まで幅広く講演することができました。

特に慢性痛に関する知識は日々進展しているため、鍼灸治療の機序から考える治療法を

勉強してもらえる機会を頂けたことはありがたいです。また、痛みの治療では鍼通電が

とても重要になりますが、その使い分けなどがあまり理解されていなく、

刺激条件や波形が生体に及ぼす影響、さらにはそれがピコリナを利用することで

応用可能なことを伝えることができたことは、参加者の先生方に新たな治療法を

提唱することとなり意味深くなったと思います。

今後はピコリナの新たな応用法などを広めていくような資料などを作成することが、

その普及につながるものと考えられました。

最後に、仙台の参加者の方々のやる気をとても感じることができたので、

このような機会があれば今後も講演してきたいと思います。

●参加された受講者のみなさまよりshine

(男性 Y.Kさん)1月26日(土)の感想

将来の鍼灸業界への職域拡大の投石になると思いました。

(男性 D.Yさん) 1月27日(日)の感想

最新の見解がとても面白い内容で良かったと思います。

(男性 T.Iさん) 1月27日(日)の感想

原因の分け方や、東洋医学がなぜ効くのか、

科学的に説明してもらい勉強し易かったです。

01作用機序を説明しながらデモンストレーションを行っていただきましたhappy01

伊藤 和憲先生、受講いただきましたみなさま、誠にありがとうございましたhappy02sign01

ご興味のある先生方、ぜひ次回のご参加をお待ちしておりますっshine

セイリンD-Typeを活用した「透刺」運動鍼実技セミナー

ステップアップセミナー

 日程  2019年02月17日(日)
 時間  10:00~17:00
 会場

 PARM CITY131 貸会議室5A

 〒980-0811 宮城県仙台市青葉区 一番町3−1−16

 参加費  14,000円
 対象  鍼灸師、医師のみ
 定員  18
 講師  笹川 隆人 先生 / 青森県鍼灸マッサージ師会会長

pencilセミナー内容

ステップアップセミナー(応用編)

今回の応用編では、頚腕症候群、五十肩、ぎっくり腰、坐骨神経痛の治療方法を、

実際の症例を交え各ケースの患者さまに対する刺鍼、刺鍼後の運動の方法を

具体的に解説していきます。

座学、デモンストレーション、実技の順でおこない、疾患毎にその都度質問いただき、

解決していきます。

実技はD-Typeを使用し、2人1組でおこないます。講師と助手の2名体制ですので

取りこぼしなくお学びいただけます。

memo詳細のご案内リーフレット

mailtoお申し込みは、メールまたはFAXにてお受付致します。

pencil開催後のレポート

●セイリン担当者仙台営業所所員よりshine

今回のセミナーは、青森県鍼灸マッサージ師会会長の笹川隆人先生と

大宮接骨院副院長の大宮正照先生を講師としてお招きし、

「セイリンD-typeを活用した透刺運動鍼実技セミナー ステップアップセミナー」を

開催させて頂きました。

今回のセミナーはこれまで「透刺運動鍼セミナー」を受講された方向けのセミナーにも

関わらず、ほぼ満席での開催となりました。

セミナー内容は、講師から治療点を教えるだけでなく、受講者が治療点を

自ら探せるようになれるよう指導して頂きました。

実技メインでたっぷり7時間の内容の濃いセミナーでした。

お忙しい所、講師を引き受けて頂いた笹川隆人先生、助手としてお越し頂きました

大宮正照先生、ご参加頂きました受講者の方々、ありがとうございました。

Photoさぁ!まずは座学からのスタートですっbearing

Photo_2そしてやっぱり一番のメインですよね!実技の時間を多くとっていただいた模様ですshine

●講師:笹川 隆人 先生より

今回は疾患名に縛られることなく、現象を改善して諸症状を快癒させていくという

プロセスをテーマにセミナーを構成していきました。

参加された先生は恐らく頭の中が整理できていない状況かもしれませんが、

もっとも臨床上応用がきくという内容で展開できたと思っています。

まずは刺鍼術・治療点の探し方・運動の選択を忘れずにこれからも

修練怠ることのないよう頑張ってください。

●参加された受講者のみなさまよりshine

(女性 R.Sさん)

ポイントの選択や治療過程を詳しく学ぶことができて、大変勉強になりました。

(男性 S.Mさん)

実技中心のセミナーで、説明も分かり易く、今回も面白いセミナーでした。

早速、臨床に生かしていきたいと思います。また宜しくお願い致します。

(男性 M.Tさん)

中級講座になり、より深く学ぶことができて良かった。

前回までの透刺運動鍼セミナーで自分の中では理解していたつもりですが、

発生機序や運動の選択など刺す前の見立てをする事の重要性と

すぐに選択できるようにならなくてはと新しい課題も出来たので、

更に精進していきたいです。

Photo_3最後はみんなで集合写真cameranotes意見交換も盛り上がりました!

笹川 隆人先生、受講いただきましたみなさま、誠にありがとうございましたhappy02sign01

ご興味のある先生方、ぜひ次回のご参加をお待ちしておりますっshine

2019年2月19日 (火)

※定員になりましたので受付を終了させていただきました。

次回のご参加をお待ちしております。

YNSAイントロダクションセミナー基本編

 日程  2019年02月17日(日)
 時間  10:00~16:30
 会場

 セイリン㈱大阪営業所 セミナールーム

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原3-5-24新大阪第一生命ビル 12階

 対象  鍼灸師・医師・歯科医師
 定員  25名 ※先着順
 参加費  10,000円
 講師  冨田 祥史 先生 /康祐堂鍼灸院院長 YNSA学会事務局長 

pencilセミナー内容

YNSAをはじめて学ばれる方、復習したい方向けのセミナーとなっています。基本点や感覚点に

ついて講義をおこなった後に、講師の実技講演を経て受講者同士で2人1組になり臨床に

近い形で進めていきます。

memo詳細のご案内リーフレット

mailtoお申し込みは、メールまたはFAXにてお受付致します。

pencil開催後のレポート

●セイリン担当者大阪営業所所員よりshine

大阪にて「YNSAイントロダクションセミナー基本編」を開催致しました。

今回のセミナーは、告知後3日で定員が埋まってしまう大人気のセミナーでした。

午前中は、YNSAの座学を中心にYNSAの特徴や効果のある疾患等を、

講師の冨田先生の臨床経験を交えての講演だったので非常に分かり易かったです。

午後からは、実技を中心にYNSAのポイントの取り方や鍼の刺し方、

YNSA治療の流れを冨田先生のデモンストレーション後に、参加者もペアになり

実技をやりました。実技の際には、冨田先生と助手の今西先生が、

参加者に細かく指導して頂き、本では分からなかった部分も分かったとの

感想もありました。

参加して頂いた先生方のセミナー満足度も100%となり大変好評なセミナーとなり、

担当者として嬉しく思います。

講師の冨田先生、助手の今西先生、お忙しい中で参加して頂いた参加者の皆様に

心より御礼申し上げます。次回開催時も宜しくお願い致します。

Photo_4座学の受講風景pencil

Photo_5みなさんの注目度が伺える1枚ですよね!もっともっと間近で見たい!!という気持ちが伝わりますbearing

Photo_62人1組のペアでさっそく実践ですshine

●講師:冨田 祥史 先生より

ほとんどの先生方がYNSAを初めて学ぶ先生でした。

午前の座学から午後の実技まで皆さん熱心に学んでいらっしゃいました。

医師・歯科医師の参加もあり、YNSAに対する医療業界の注目度を

感じさせるセミナーでした。また宮崎YNSA全国大会や、

YNSA学会のセミナーでお会いできることを楽しみにしております。

お忙しい中のご参加ありがとうございました。

●参加された受講者のみなさまよりshine

(男性・K.Y)とても興味深く、ためになるセミナーでした。

今後も可能な限りセミナーに参加したいと思います。

ありがとうございました。実際に臨床でも使っていきたいと思います。

(女性・C.O)本屋で立ち読みしている時は、興味はあってもややこしそうだな

と思っていましたが、今日受講して基本的な理論は、分かり易くチャレンジしてみよう

と言う気持ちになりました。ありがとうございました。

(男性・N.K)座学+実技と充実した内容でした。

重要なポイントも分かり易く教えて頂けたので、理解が深まりました。

ありがとうございました。

冨田祥史先生、受講いただきましたみなさま、誠にありがとうございましたhappy02sign01

ご興味のある先生方、ぜひ次回のご参加をお待ちしておりますっshine

冷え性がもたらす肩こり及び頭痛への鍼灸治療

 日程  2019年02月10日(日)
 時間  12:30~16:30
 会場

 森ノ宮医療学園専門学校 306実技室

 〒537-0022 大阪府大阪市東成区中本4-1-8

 参加費

 鍼灸師/6,000円 学生/3,000円

 定員  30名
 講師  坂口 俊二 先生 / 関西医療大学教授

pencilセミナー内容

・冷え症とは…?随伴症状が発生する原因を知ろう!

・発生原因を知った後は、鍼灸治療のアプローチ方法を学ぼう!

・冷え症にならないよう、セルフケアの指導方法を学ぼう!

・前半は座学、後半には実技実習をおこないます。

冷え性に対する治療法を修得し、明日からの治療に活かそう!

memo詳細のご案内リーフレット

mailtoお申し込みは、メールまたはFAXにてお受付致します。

pencil開催後のレポート


●セイリン担当者 大阪営業所所員より

今回の冷え症セミナーでは、冷え症について「定義」や「判定方法」を基礎から学び、

冷え症に伴った症状に対して「どのようにアプローチしてくか」を学んで頂きました。

受講者の方からは、今現在、臨床で悩んでいる事や治療方法に関する質問が飛び交い、

また、「これからの臨床にすぐ役立てられそう」とお声を頂いたり有意義な時間と

なりました。講師を務めて頂きました坂口俊二先生、誠にありがとうございました。

Photoさぁセミナーがはじまりましたよーhappy02

●講師:坂口 俊二 先生より

長年、研究してきた冷え症について、講義と実技を織り交ぜ4時間を

有効に活用しようといたしました。また、丁寧な資料作りを心がけ、

飽きない工夫として受講者には質問紙などにも取り組んでいただきました。

参加者は皆、とても熱心に受講され、後半のデモ中に多くの質問がありました。

参加者からのアンケートでは、臨床に直結した内容で一定の満足感が得られたようで

安心いたしました。

Photo_2ピコリナを使って先生によるデモンストレーションの様子shine

Photo_3患者さまがどんなタイプの冷え性なのかを鑑別することが大事ですsign01


●参加された受講者のみなさまより

冷え症の分類や臨床でも使用できるものがたくさんあり、学べるものが多くとても

充実しました。(女性N・M)

先生の鍼技術がとても素晴らしかったので、とても良い勉強会でした。(男性A・M)

特に実技のお話は勉強になりました。(女性T・M)


坂口 俊二先生、受講いただきましたみなさま、誠にありがとうございました
ぜひ次回のご参加をお待ちしておりますっhappy02

アクセスランキング